新年のご挨拶を申し上げるにはかなり遅いメッセージとなってしまいました。

・・・というのも、新年早々体調を崩してしまい、ずっと寝込みがちの日々を送っておりました。

そういえばお正月は寝込んでしまうことが多いです。予定が空いて気持ちが緩むと、溜まっていた疲れなどが一気に吹き出すようで、あちこち故障続出。そんな時、身体の中では実はいろんなことが起こっていて、すべてがつながっていることを痛感します。故障の原因はどこにあるかわからず、患部には全く無関係に思えるところに潜んでいたりしますから、人間の身体は神秘です。

そして、今日は今年の初演奏。私が大変お世話になっている方からお母様へのプレゼントコンサートでした。

一向にスッキリ爽やかな状態にまで復調せず、昨夜は、あー。やっぱりもう体力の限界か(アスリートさながら。笑)と、新年が始まったというのに暗雲立ちこめ、心の空は真っ黒。

しかし、今朝は早めに起きて、演奏する曲を『ひとりリハーサル』。軽く汗をかき、ひとっ風呂ならぬひとシャワーを浴びてキリリと着物を着ると、「あれ?もしかして、なんだか楽しくなってきた?」

会場に到着すると今日のためにスタッフのみなさんが心をこめて舞台の準備をしてくださっており、さっそく楽器の準備と調絃にとりかかります。そのうちに、お客様の皆さまがおしゃれをして続々とご入場。

いよいよ演奏開始!

昨日まで絃に弾き返されていた身体も、今日は絃を通過する骨の衝撃が全身を通過するのが心地よく、身体が目覚めていくようです。止まっていた心も動き始めて、心の空はくもりのち晴れ。

やっぱりお箏を弾くって楽しい!同時に、あー。まだまだ自分の満足のいくような演奏は全然できていない。もっと表現したいことがいっぱいいっぱいあるのに!と、何やら不思議なエネルギーがあふれてきます。

箏を演奏している時は、いつも風を感じています。風をきって走っているときもあれば、ゆるやかな風の中に佇んで遠くを見ている時もあります。菜の花畑やススキ野原の一本道を自転車で通り抜けたり、どこかの山のてっぺんで丸い空に一面の星を眺めていたり、はたまた晴れた日の海辺でくるりとダンスを踊っていたり(実際は全く踊れません!)、愛しすぎて泣きたいくらいだったり、、、だから、やっぱり、音楽ってすごいと思ってしまいます。

魔法です!

そして、コンサートでは、

ひとりでは限界だと思っていたハードルをびゅんと超えてしまう。

今まで出会ったことのない自分に出会う。。。などなど、いくつもの奇跡が起こるのです。

目に見えない不思議な力の化学反応!

帰宅してメールチェックをしたら、3年前ベルリンで演奏を聴いてくれた女の子から日本でレッスンを受けたいという嬉しいメッセージが入っていました。

 

きっと今年も素敵な出会いが待っている!といううれしい予感。

春の柔らかな色合いのきれいな花束をいただいて、お部屋はいい香りに満ちています。

お花を眺めながら、「助けていただいたのは私です。ありがとうございました。」と、つぶやいています。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさんにお目にかかる日を楽しみにしています!